株式会社マイザーズアセットマネジメント (旧ビルウェルアセットマネジマント)

2012/03/30 6:57 に 海外FX 調査隊 が投稿   [ 2012/04/05 4:23 に更新しました ]
読者の方からの調査依頼で調査させて頂きました。

株式会社マイザーズアセットマネジメント(英語:Misers Asset Management Co., Ltd )(旧ビルウェルアセットマネジマントでもある)
はFXのファンド運用で資金を募っているようです。

海外FX業者はなんとInsataforex(インスタフォレックス)を利用しているようです。

経営陣はそのまま残っているようで、代表者の大重喜仁(Oshige Yoshihito)は、121ファンド(200億の被害をもたらした大規模投資詐欺グループ)関連の121バンクの中核メンバーのようです。




恐らく、今後は風評リスクを避けるために代表者を変える可能性があります。

現在、都内では頻繁にマイザーズアセットマネジメントのFX運用の勧誘で耳にするようになってきています。私の周りでも数人声を掛けられました。

すでに、香港やBVIなどに拠点を作っているようで、運用会社は海外に飛ばしている模様。IB報酬も海外で受取っているようです。

日本国内では、金融二種の看板で合法的に不特定多数に投資勧誘を行い裏では、利益相反に抵触する行為を行っているそうです。

詳細スキームは内部関係者より提供して頂きましたので、動きがひどくなってきたら関係会社含め、掲載したいと思います。

大重氏は 合同会社フロンティア法律会計コンサルティングという弁護士・会計士まがいのビジネスも手掛けている為、専門家のように 恐らく訴訟を起す等の連絡が当サイト宛に来るはずです。 

その場合の対処法はいくつか用意してあります。それより、個人投資家が騙されるのを黙って見ている分けにはいきません。勿論、根拠の無い事は掲載しませんので、ご心配無く。