AXIORY絶体絶命

2017/01/19 0:47 に 海外FX 調査隊 が投稿   [ 2017/01/19 0:49 に更新しました ]
AXIORYの出金トラブルの件、判明しました。少々、専門的な内容になりますが、AXIORYが利用している銀行がUSDが送金できなくなりました。

どういう事かというとコルレス銀行から契約を切られた事を意味します。通常、USDで送金をするにはA銀行は米系のX銀行に口座を持ちます。(簡略化して説明します)他のB銀行も米系のX銀行に口座を保有します。

A銀行の客がB銀行の客にUSDで送金するにはX銀行内の口座振替で数字を調整します。
つまりA銀行はX銀行が存在しなければUSDの送金を行えないわけです。これがコルレス契約となりますが、
コルレス銀行(特にアメリカ)はマネーロンダリングに厳しく、怪しい銀行とは契約を切ります。
当然ながらUSDは最大の決済通貨ですから銀行にとっては生命線を奪われたようなものです。

こうなると、銀行の経営は危うくなります。大体、銀行がつぶれる時はこんな感じでコルレス契約を切られて潰れていきます。
これが、AXIORYにも起こっています。おそらく近い将来、海外送金自体が出来なくなる事態に発展するでしょう。

そして、AXIORYはベリーズの法人ですが、現在、世界中でベリーズやセーシェルなどその他オフショア国の法人で金融絡みの銀行口座を開設させてくれるところは殆どありません。仮に開設できても銀行を騙して口座開設するか、信用力のない銀行です。

いずれも口座凍結や出金不可の状態に陥るリスクが非常に高いという事をお伝えしておきます。
オフショアでは頻繁に起こっている事実です。このような事態が多い為オフショアのブローカーは絶対にお勧めしません。
リスクしか存在しないためです。AXIORY利用者は多いかもしれません。今後、出金ラッシュになると出金拒否してくる可能性もあります。
十分お気を付けください。

被害に合わないための金融のプロが教えるFX業界の裏側をしるした「水田ノート」で知識武装する事をおすすめします。

Comments