thelaw FUNDとは?

2013/04/27 5:42 に 海外FX 調査隊 が投稿   [ 2014/03/26 23:50 に更新しました ]
はじめに以下の内容は「ジムロジェーズ氏やダリウス氏はロウファンドとのかかわりを否定している」

MARS投資(1300億円)でもAIJ投資顧問事件(2000億円)


いずれも金融庁の登録業者です。金融庁お墨付きの詐欺業者という事になります。(個人的見解含む)

投資詐欺の中でも2,3桁程飛び抜けているのは、「金融庁のお墨付き(金融登録業者)」である為です。なんと皮肉な事でしょう。

プロ目線で言わせて頂くと「第二種金融商品取引業+適格機関投資家特例業務+海外事業への出資」などは大抵、めでたく溶けます。事業投資の場合、非常にきれいに投資家の資金を溶かして着服しやすいので、長年、詐欺師には愛用されています。そして事件はする事はありません。「詐欺である事の立証が不可能」であるからです。

昔からは鉱山系やマグロ、エビ、ウナギ幼魚や沈没船引上げやらパームヤシ、コーヒー、バンクギャランティーなど多くの詐欺話がありますが、最近の方はブラックダラーやM資金などの話を知らない方も多く、古典的な詐欺でも引っ掛かる方が多いようです。

そんな中、面白いきな臭い案件を見つけました。

http://fx-traders2.jp/jimrecokr/

thelaw FUND資料(資料に登場する著名人(ジム・ロジャース、ダリウス氏)は当案件に利用されているのみで一切無関係)

thelaw Fund詳細資料(資料に登場する著名人(ジム・ロジャース、ダリウス氏)は当案件に利用されているのみで一切無関係)
https://docs.google.com/file/d/0B0jGIW1BDvi7V3NmT3VyQXFQVlE/edit?usp=sharing


どうやらマイザーズアセットの連中が仕掛けている模様です。営業車の「このファンドは、株式会社thelaw(カブシキガイシャ ザロウ)」と同一住所です。この辺が少し、わきの甘さを感じます。


彼らは以前(ビルウェル時代)からジム・ロジャーズの日本の窓口だと言っています。(ところで窓口ってなんでしょう??)

この案件の募集会社は
株式会社プラウドアセットマネジメント(第二種金融商品取引業)
東京都港区新橋4-31-3 新橋オーシャンビル4F(サービスオフィス)
北田 諭史
http://proud-am.co.jp/index.html

実態が掴めませんので評価は避けます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ドメインから関連で
http://fx-traders.jp/forex-d-c/

両建て・ナンピンEAを販売している事も分かります。(こんなリスキーなEA誰が買うか分かりませんが)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

さて、これまた詐欺で立件されることなく綺麗に投資家の資金は消えていってしまうのでしょうか?

Comments