無免許海外FX業者の取締りが始まる

2012/01/21 15:34 に 海外FX 調査隊 が投稿   [ 2012/04/05 4:34 に更新しました ]
セイシェル共和国の国際ビジネス庁は、セイシェル法人を利用して、無免許でFXの取次業務などを行っている法人の取締りを開始するとの事です。

無免許でFX業務を行っているセイシェルの業者は


これらの海外FX業者は、今後、警告を受けて口座凍結などの処置が行われる可能性があります。ちなみに、これらの処置は詐欺的な企業を排除し、投資家や消費者保護を目的としている為

投資家の投資資金が没収されるわけではありません。

しかりながら無免許でも営業ですので、投資家の預かり資産がどうなっているかは分かりません。大前提として、無免許の海外FX業者に口座開設を行う時点で失敗と諦めるべきです。

口座開設を行うにあたっては、どこの国でも、金融免許を持っている事が大前提となります。

さらに、最近はニュージーランドの無免許金融サービスも、あたかも金融ライセンスを持っているかのように営業しています。

通称FSP(ファイナンシャル・サービス・プロバイダー)やオフショアノンバンクなどと言われますが、実はこのビジネスが曲者なのが

運営自体は合法という事です。ニュージーランド政府は一切何があっても関与しませんよというものなのです。

つまり、投資家からすると無免許金融業者である事は変わらず、ニュージーランド政府の規制を受けません。一切保護されないという事です。

このFSPもそろそろ規制されはじめるようですが。

ひとまず、投資家目線で考えると危険極まりないので以下のような海外FX業者・金融業者には気を付けて下さい。

Comments