自動売買はMeta Trader4(MT4)が良いか?

世界中で海外FX業者300社が導入していると言われているMetaQuotes Software社のMeta Trader4(MT4)ですが、その人気の最も大きな要因は、Meta Trader4(MT4)で利用できる

Expert Adviseor(EA)
にあります。元々、Expert Advisor(EA)はMeta Trader4(MT4)専用のMQL言語と呼ばれるプログラミング言語で作成したプログラムを総称して

Expert Adviseor(EA)と呼びます。

元々はMeta Trader4(MT4)専用で作られた言語なので、Meta Trader4(MT4)でしか利用できませんでしたが、いくつかの海外FX業者が自社でExpert Advisor(EA)が利用可能な取引システムを

開発している事はあまり知られていません。では、Expert Advisor(EA)をMeta Trader4(MT4)以外の取引システムで利用するメリットがあるか?というところがポイントになりますが

結果から言うと、あります。

Meta Trader4(MT4)を導入している多くのFX業者が投資家に不利なレート配信や約定を行わせるプラグインを導入しています。

正直、このプラグインはどこのFX業者が導入しているか全て調査はしきれていませんが、海外FX業者の評判・被害・口コミ情報である程度の調査報告があります。

これに目を付けた一部の海外FX業者やソフトウェア会社は、 Meta Trader4(MT4)を使わずにExpert Advisor(EA)が提供できるシステムやジェネレーター(EA変換ソフト)を提供しているようです。

約定率の良さとEAを利用できるという利便性を武器に投資家を呼び込もうと言う事でしょう。この様な流れは、MT4を採用している悪徳業者を排除するには良い傾向です。

また、汎用的なC言語やその他のプログラミング言語で稼働可能な自動売買システムなどがあれば、殆どのシステム開発者が皆さんの要望通りの自動売買プログラムが作成可能です。

多くのシステム開発者が利用できるC言語であれば、作成コストも安くなりますし、より自動売買が身近なものとなります。

もし、この様なクオリティの高い自動売買を実現したい場合は、C言語などが利用可能なFX業者を選択するか、EAが利用可能なMT4以外のシステムを探す。

もしくは、APIを公開しているFX業者を探す。(APIに関しては、システム開発が必要なので、知識のある方との相談が必要です。)ということになるでしょう。




Comments