無登録業者とは何か?

海外投資や海外FXブローカー等を利用する際に無登録業者の意味を理解していないと、選定の基準が持てませんのでこの知識は重要です。

無登録業者と一般的に日本で言われているのは日本の金融庁に登録していない金融業者の総称です。どんな大手金融機関でも詐欺業者でも日本で金融業者として登録していなければ無登録業者という事です。従って、本質的な事がこれでは理解できません。

無登録業者といっても3種類に分けられます。

  1. どちらかの国で金融免許を保持しているが、日本国内では無登録業者。
  2. どこの国でも金融免許を保持していない全世界で無登録業者。
  3. 既存の金融免許を保持している企業の社名や金融免許番号を無断で使ってコピー(クローン)サイトを作っている無登録業者。

ちなみに金融庁が発表している無登録業者はとにかくすべてです。従って、海外投資を行おうとしている投資家からすると、詐欺業者がどれか見分けがつきません。実際には上記、2と3番が危険で当サイトでこの辺を徹底的に掲載しています。1については金融機関そのものですから後は自分あっているサービスであるかどうかという判断であったり、その他の諸条件をクリアした安全な企業であるかという事になります。

逆に日本の証券会社は金融業者として登録していない海外から見たら無登録業者という事になります。つまり「無登録業者」という表現自体に特に何かを判断できる要素は含まれないという事になります。

そして金融庁によると「無登録で金融商品取引業を行っているとして、金融庁(財務局)が警告書の発出を行った者の名称等を掲載しています。」

これは、投資家が検索するとヒットする作りになっており、とにかく投資家がなんだか危ないかもと思うような表現に仕上がってます。

とにかく投資家の資金を外に出させなければ問題の火種はすべてなくなるから管理が楽なのです。ところで投資家の関心はよりよい金融サービスや金融商品を探すことであって、上記のようなことを踏まえて、投資先を探せば良いのです。悪魔のような手数料を取る銀行の外貨預金や仕組み預金に誘導する作戦にまんまと乗ることはありません。

いわば国内のそのような商品は安心料という事の裏返しで分厚い手数料が上乗せされていると考えれば良いでしょう。しかも、投資家には理解ができないような記載方法や複雑な記載方法です。面白いものでこのような部分に対してはお咎めはありません。

しかし、多くの投資家はこの理不尽さを本能的に感じていることでしょう。だからこそ多くの投資家がその投資先を海外に求めるわけです。サービスはモノづくりも同様。資金を外に出したくなければ魅力的な金融サービスを提供できる環境を整備する事であって、管理が面倒だからと規制ばかりしていては、資金は外に逃げ続けます。

話は飛びましたが、無登録業者の2、3については注意深くチェックすべき項目です。なぜならあなたが探している投資先は1にしか無いからです。