FX海外業者の評判




Super jet FX 詐欺

2018/04/24 10:49 に 調査隊海外FX が投稿   [ 2018/04/24 10:49 に更新しました ]

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • Super jet FXの統括レビュー:Super jet FXは無免許、分別保管など一切存在しないペーパーカンパニーでありFXブローカーではありません。情報商材屋が入金の誘導をして最後に溶かして、サイトが消えて終了のパターンです。100%そうなります。当サイトが宣言した事は必ず現実となっています。過去の投稿を全てご覧いただければ分かるでしょう。は明らかな詐欺スキームなので絶対に入金しないようにお気をつけください。また万が一Super jet FX詐欺にあった方はSuper jet FXのオーナーをあぶりだすのは容易です。情報商材を販売した張本人が必ずつながっていますので、徹底的に情報商材を販売している人物を調べておきましょう。

VirtueForex詐欺に注意

2017/11/17 11:16 に 調査隊海外FX が投稿   [ 2017/11/28 8:25 に更新しました ]

VirtueForexの統括レビュー

VirtueForexは無免許ですが、Virtue Technology Inc.がパナマの決済代行免許を取得している事でFX業者の様に装っています。イギリスにも似た名称のVirtue Technology Group Limitedという法人を設立し、あたかもイギリスでFX業者のライセンスを持っているかの様に見せていますが、イギリス法人はペーパーカンパニーです。当然ながら金融ライセンスはありません。当然ながら分別保管もされていない為、非常に危険な詐欺業者です。あたかも外国企業に見せていますが、日本人がオーナーの企業でアクセス(99.6%)も全て日本からだけです。(以下参照)1日の平均アクセス数は4件程度。顧客紹介者用のHP(https://ib.virtueforex.com/)は日本語です。昨今、VirtueForexが怪しいが友人に強く誘われて困っているという相談が急増しています。VirtueForexはFX業者ではないという事をまず知ってください。ペーパーカンパニーですから法人の住所には誰も社員はいません。ここ数年あったFX詐欺と同様に一般的な詐欺パターンです。当サイトで詐欺で断言した話は後日、100%破綻か逮捕されていますのでご注意下さい。

VirtueForexのサイトアクセス状況

 VirtueForex


VirtueForexのアフィリエイト規約








VirtueForexの会社情報

Virtue Technology Group Limited
483 Green Lanes, London, N13 4BS, United Kingdom
http://www.virtuetechnologygroup.co.uk
■Company Registration Number : 3945518

Virtue Technology Inc.
Ricardo J. Alfaro Ave. The Century Tower Bldg. Suite401-80 4th Floor El Dorado, Panama City, Rep. of Panama
T (+507) 279 3280
F (+507) 279 3250
Aviso Licence:155609612-2-2015-2015-478002

virtueforex ログイン

virtue forex

virtueforex 出金

タイムスリップ取引
virtueforex 口座開設
virtueforex 社
vt cash
virtue trading forex

Caesar Enterprise ステアープラスシステム

2017/09/09 12:20 に 調査隊海外FX が投稿   [ 2017/09/10 3:15 に更新しました ]


  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • Caesar Enterpriseの統括レビュー:Caesar Enterpriseはかのネット投資詐欺グループであるTeam Jonesの後継版詐欺プログラムの為に作られた偽FXブローカーである。当然ながら金融ライセンスは無く、全て架空の情報である。 ステアープラスシステムが新たな投資プログラムとしているが、そもそもなぜまともなFX業者を利用しないのか考えて頂きたい。仕組みはいたって単純でレポート上で儲かっているかの様に見せて一定期間、一定金額までは出金できるが全額出金は出来ず、ある日突然、システムエラーや何かしらの理由で損した事になる。この様な投資詐欺に引っかからないようにするためには、まずFXブローカー選びの基礎知識を身に着けるべきである。当サイトでは無料で詐欺業者を見抜くレポートを提供しているので是非活用して頂きたい。


Caesar EnterpriseのHPで突っ込みどころですが、100歩譲ってCaesar EnterpriseがFX業者だったとしましょう。Caesar EnterpriseのHPの内容は水田ノートを見ている方ならネガティブポイントが「スベらないサーバー」という点であると分かります。これは100%呑んでいる(ディーリングデスクによるマーケットメイク)という意味になります。

もう一点、金融機関であれば絶対にありえないのが、マネーロンダリングを勧めている事です。入金口座へ出金すること以外は法律上禁止されていますが、仮にFX業者だったとしてもコンプライアンス意識がゼロである事が分かります。資金の受け取りには、詐欺業者がよく利用するi-accountも利用しています。






ステアープラスシステム資料(PDF)を入手したので公開します。ご自由にご覧下さい。決して投資しないように。






Caesar EnterpriseのHPのページソースを見てみるとなんと日本語のソースが出てくる。これは明らかに日本人が今回の為に作った事を裏付けるような1つの証拠になる。

Caesar Enterprise.Ltd
103 Sham Peng Tong Plaza, Victoria,Mahe, Seychelle



LION SIGHT TREASURY

2017/05/29 11:03 に 調査隊海外FX が投稿

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  •  LION SIGHT TREASURYの統括レビュー: LION SIGHT TREASURYは無免許のペーパーカンパニーであり、いかなる金融当局からも規制されていない為、当然ながら資金の保全は一切ない。典型的な詐欺ブローカーの形態である。Lion Sight Treasury LimitedはBVIの住所を利用しているがBVIでは金融ライセンスを持たずにFXブローカーは違法である。

D2M(D2M Limited) 評判

2017/05/24 14:27 に 調査隊海外FX が投稿   [ 2017/06/30 13:05 に更新しました ]

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • D2M統括レビュー:D2Mは単なるペーパーカンパニーであり、実態もありませんし、D2Mは分別保管等の資金保全を一切ありません。ライセンスの記載もありません。今まで長年お伝えしてきているようにこのような形式のサービスは全て破綻しています。くれぐれもD2Mに入金しないようにお気を付け下さい。紹介報酬を高めに設定して紹介者経由で入金させるという手口で資金集めを行っているようです。会社名すらWEBサイトに掲載せず、一切の情報が非公開です。かろうじて規約にD2M Limitedとありますが、仮にラブアンのブローカーだった場合、香港のHSBCに銀行口座を持つことはできませんので、HSBCは全く別の法人の口座という事になります。万が一、D2Mとトラブルが発生しても投資家は完全に泣き寝入りとなるでしょう。おそらくHSBCの口座は似た社名で作ったBVIの有名な私書箱957の法人のようである。



FxPro 評判

2016/08/21 12:20 に 調査隊海外FX が投稿   [ 2016/08/21 13:32 に更新しました ]

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • FxProの統括レビュー:FxProはキプロス免許にて日本人顧客の受け入れを行っている。現在のところ出金トラブルの報告は無い。最も多い相談がストップ狩りスプレッドの異常な拡大の現象である。100倍近いレバレッジを掛けていたならひとたまりもない。スプレッド拡大によるストップ狩りはFxProの最大の収益源と言ってもよい。

    なぜならマーケットメイク(ノミ行為)で投資家が負ければFxProがその分儲かるからだ。

    しかし、この現象が発生したからといって投資家はFxProにクレームをいう事はできない。規約上もこのような現象に同意している為である。

    以下は相談者がストップ狩りの異常について証拠を取る為に撮影したものである。左は他社の値動きであり右側がFxProの値動きである。2つともリアルタイムに動画撮影したもののキャプチャである。

    FxProは見た目や規模感から安心しやすいが、法的にも万全な体制で不正に投資家から資金を巻き上げるシステムを有している。このストップ狩りには多くのトレーダーも長い間気が付かずに騙されていたが、昨今ではFxProは詐欺では無いものの悪質ストップ狩り業者として有名になりつつある。

    過去には瞬時に100pips近いスプレッドの拡大が発生したこともあるという報告を受けている。
    こんなことをされてしまったら、どんなに安全に資金管理をしていても強制ロスカットは免れない

    FxProを使ってストップ狩りをされない為には実質レバレッジ10倍程度で取引するしか方法はなさそうである。

ちなみにFxProはスイスショックの際も他社にはない300pipsちかいスプレッド拡大を行い、ほぼすべての投資家に対してストップ狩りを行ったことでも有名であるがこんなことを市場の責任だと言っている投資家がいたら能天気である。これは明らかな犯罪である。

https://sites.google.com/site/kaigaifxcomp/column/shengchixukerushigaxusarenaifxpronosutoppushouri/0623e478480c65b2446e751bc83db845.gif?attredirects=0

Pivot Markets(ピボットマーケッツ)評判

2016/08/17 6:58 に 調査隊海外FX が投稿   [ 2016/08/17 7:04 に更新しました ]

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • Pivot Markets(ピボットマーケッツ)の統括レビュー:Pivot Marketsはマーシャル諸島に登録されたペーパーカンパニー(架空会社)である。金融ライセンスは無く非常に危険である。この国は金融ライセンスが無くとも金融ビジネスができるため、詐欺会社に人気がある。Pivot Marketsも同様である。英語サイトを見ればわかるとおり、英語版はかなり簡素に作られており日本語はバナーやらコンテンツが充実している。なぜかサポートチャットも日本語だけある。しかもPivot Markets最近できたばっかりであり、某悪質詐欺ブローカーAのホワイトラベルである。当然ながら分別保管も存在しないがおそらく広告上では分別保管と謳うのだろう。


出金拒否・取引改ざんにご注意



Pivot Markets International Inc.

pivot-markets.com

Matěj Boruta


Ajeltake Road, Majuro, 96960, Marshall Islands, Reg. no.: 78390

03-4578-9919

+442895072277

Miltonmarkets(ミルトンマーケッツ) 評判

2016/08/13 9:59 に 調査隊海外FX が投稿   [ 2017/05/24 14:10 に更新しました ]

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • Miltonmarkets(ミルトンマーケッツ)の統括レビュー:まず初めに、Miltonmarkets(ミルトンマーケッツ)は当サイトでは採算、危険であると警告しているニュージーランドFSPモデルである。金融ライセンスを持っていない為、金融機関や規制されたFX業者ではない。つまり、経営状況を監視する金融監督局は無く、投資家とのトラブルを解決する機関も存在しない。分別保管も自己申告でしかなく、いつでも資金流用は可能である。取引条件もスプレッドのマークアップがある為、最近には珍しく高めの設定であり、取引条件面でも魅力は無い。それと、Miltonmarkets(ミルトンマーケッツ)は旧GALLANT(ギャラント)である。Forex peace armyでも多くの不正が報告されているが、出金拒否や口座凍結を頻繁に行っていた。FPAではGALLANTの従業員が成りすましで良いレートの投稿をしている事も突き止めている。不正をしやすいNZに移して同様のビジネスモデルを展開している模様である。危険極まりない事は確かだ。

2017年5月20日現在 

Milton Markets(=GCMFX/Gallant Capital Markets)のオーナーJiri Kubicek氏が詐欺とマネーロンダリングの容疑でチェコ警察に逮捕されました。50億円近い金額を世界中の投資家から集めて不動産を購入したり私財に投じていたそうです。ミルトンのサービス開始当初から詐欺の可能性が高いと警告していましたが、容赦なく集客を行っているサイトは多かったようです。私のサイトでもTOPページに掲載しているぐらい危険な業者でした。現在、出金ができるかは分かりません。既に出金不可の報告は多数受けています。「水田ノート」さえ見ておけば絶対に引っかからなかったケースでもあります。

TITANFX 評判 (タイタンFX)

2016/06/28 8:06 に 調査隊海外FX が投稿   [ 2017/05/24 14:16 に更新しました ]

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • TITANFX(タイタンFX)の評判:TITANFX(タイタンFX)は2015年に突如現れたブローカーです。国のイメージとは対照的に犯罪者にとって金融規制の甘いニュージーランドを拠点としており金融ライセンスは保持していません。ニュージーランド証券投資委員会に登録と書いてありますがニュージーランドはFSPという法人形態でニュージーランド証券投資委員会に簡単にだれでも登録ができますが、これ自体は金融ライセンスではありません。実質的にニュージーランド証券投資委員会の監視下には無いですが「ニュージーランド証券投資委員会登録」とうたえます。素人が見るとあたかも金融ライセンスを持っているように勘違いできる仕組みになっており、トラブルが発生してもニュージーランド証券投資委員会は一切関知しません。つまり、無登録業者とまったく同じなのです。ニュージーランド証券投資委員会に登録させることにより、ニュージーランド国内での営業活動をさせないように規制しているだけでニュージーランド以外なら関係ないからなにしても構わないという規制なのです。これが世界中の投資詐欺師たちに大うけで、一時期は膨大な法人が設立されましたが、さすがに若干、設立条件が増えて現地に1人スタッフを置かないと作れなくなりました。逆いうと、1人いればいまだに同じことができてしまいます。TITANFX(タイタンFX)を金融機関だと思っているなら大きな間違いTITANFX(タイタンFX)は分別保管の義務も無いただの一般法人と同様なのです。最近では同じ仕組みのミルトンマーケッツのオーナーが詐欺で逮捕されている。

    TITANFXってどう?も参照ください。

High Trade FX ( ハイトレードFX )

2016/03/09 10:54 に 調査隊海外FX が投稿   [ 2016/03/09 11:05 に更新しました ]

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • High Trade FX( ハイトレードFX )の評判:High Trade FX  (ハイトレードFX )のサーバーはさくらサーバー(日本)であり、WEBサイトも現在、日本語のみ。High Trade FXの宣伝をしているのはFX江之介とその一派のみ。金融ライセンスも無くただのペーパーカンパニーである。既に被害の情報も届けられている。入金をしたが突如、ログインできなくなった。取引できなくなった。出金できなくなった等の悪質な内容ばかりである。なぜFX江之介だけが、High Trade FX  (ハイトレードFX )を勧めているのか?考えずとも理由は明白である。
Company Name 会社名 Pacific Investments Private Limited
Company Address
所在地 M. Bageecha Villa 20191 Chandhanee Magu Maafannu Male’ Maldives
http://www.bankofmaldives.com.mv/

1-10 of 67

Comments