FX海外業者の評判




D2M 評判

2017/05/24 14:27 に 海外FX 調査隊 が投稿

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • D2M統括レビュー:D2Mは、金融ライセンスを持ちませんのでFX業者ではありません。D2Mは単なるペーパーカンパニーであり、実態もありませんし、D2Mは分別保管等の資金保全を一切ありません。今まで長年お伝えしてきているようにこのような形式のサービスは全て破綻しています。くれぐれもD2Mに入金しないようにお気を付け下さい。紹介報酬を高めに設定して紹介者経由で入金させるという手口で資金集めを行っているようです。

FxPro 評判

2016/08/21 12:20 に 海外FX 調査隊 が投稿   [ 2016/08/21 13:32 に更新しました ]

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • FxProの統括レビュー:FxProはキプロス免許にて日本人顧客の受け入れを行っている。現在のところ出金トラブルの報告は無い。最も多い相談がストップ狩りスプレッドの異常な拡大の現象である。100倍近いレバレッジを掛けていたならひとたまりもない。スプレッド拡大によるストップ狩りはFxProの最大の収益源と言ってもよい。

    なぜならマーケットメイク(ノミ行為)で投資家が負ければFxProがその分儲かるからだ。

    しかし、この現象が発生したからといって投資家はFxProにクレームをいう事はできない。規約上もこのような現象に同意している為である。

    以下は相談者がストップ狩りの異常について証拠を取る為に撮影したものである。左は他社の値動きであり右側がFxProの値動きである。2つともリアルタイムに動画撮影したもののキャプチャである。

    FxProは見た目や規模感から安心しやすいが、法的にも万全な体制で不正に投資家から資金を巻き上げるシステムを有している。このストップ狩りには多くのトレーダーも長い間気が付かずに騙されていたが、昨今ではFxProは詐欺では無いものの悪質ストップ狩り業者として有名になりつつある。

    過去には瞬時に100pips近いスプレッドの拡大が発生したこともあるという報告を受けている。
    こんなことをされてしまったら、どんなに安全に資金管理をしていても強制ロスカットは免れない

    FxProを使ってストップ狩りをされない為には実質レバレッジ10倍程度で取引するしか方法はなさそうである。

ちなみにFxProはスイスショックの際も他社にはない300pipsちかいスプレッド拡大を行い、ほぼすべての投資家に対してストップ狩りを行ったことでも有名であるがこんなことを市場の責任だと言っている投資家がいたら能天気である。これは明らかな犯罪である。

https://sites.google.com/site/kaigaifxcomp/column/shengchixukerushigaxusarenaifxpronosutoppushouri/0623e478480c65b2446e751bc83db845.gif?attredirects=0

Pivot Markets(ピボットマーケッツ)評判

2016/08/17 6:58 に 海外FX 調査隊 が投稿   [ 2016/08/17 7:04 に更新しました ]

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • Pivot Markets(ピボットマーケッツ)の統括レビュー:Pivot Marketsはマーシャル諸島に登録されたペーパーカンパニー(架空会社)である。金融ライセンスは無く非常に危険である。この国は金融ライセンスが無くとも金融ビジネスができるため、詐欺会社に人気がある。Pivot Marketsも同様である。英語サイトを見ればわかるとおり、英語版はかなり簡素に作られており日本語はバナーやらコンテンツが充実している。なぜかサポートチャットも日本語だけある。しかもPivot Markets最近できたばっかりであり、某悪質詐欺ブローカーAのホワイトラベルである。当然ながら分別保管も存在しないがおそらく広告上では分別保管と謳うのだろう。


出金拒否・取引改ざんにご注意



Pivot Markets International Inc.

pivot-markets.com

Matěj Boruta


Ajeltake Road, Majuro, 96960, Marshall Islands, Reg. no.: 78390

03-4578-9919

+442895072277

Miltonmarkets(ミルトンマーケッツ) 評判

2016/08/13 9:59 に 海外FX 調査隊 が投稿   [ 2017/05/24 14:10 に更新しました ]

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • Miltonmarkets(ミルトンマーケッツ)の統括レビュー:まず初めに、Miltonmarkets(ミルトンマーケッツ)は当サイトでは採算、危険であると警告しているニュージーランドFSPモデルである。金融ライセンスを持っていない為、金融機関や規制されたFX業者ではない。つまり、経営状況を監視する金融監督局は無く、投資家とのトラブルを解決する機関も存在しない。分別保管も自己申告でしかなく、いつでも資金流用は可能である。取引条件もスプレッドのマークアップがある為、最近には珍しく高めの設定であり、取引条件面でも魅力は無い。それと、Miltonmarkets(ミルトンマーケッツ)は旧GALLANT(ギャラント)である。Forex peace armyでも多くの不正が報告されているが、出金拒否や口座凍結を頻繁に行っていた。FPAではGALLANTの従業員が成りすましで良いレートの投稿をしている事も突き止めている。不正をしやすいNZに移して同様のビジネスモデルを展開している模様である。危険極まりない事は確かだ。

2017年5月20日現在 

Milton Markets(=GCMFX/Gallant Capital Markets)のオーナーJiri Kubicek氏が詐欺とマネーロンダリングの容疑でチェコ警察に逮捕されました。50億円近い金額を世界中の投資家から集めて不動産を購入したり私財に投じていたそうです。ミルトンのサービス開始当初から詐欺の可能性が高いと警告していましたが、容赦なく集客を行っているサイトは多かったようです。私のサイトでもTOPページに掲載しているぐらい危険な業者でした。現在、出金ができるかは分かりません。既に出金不可の報告は多数受けています。「水田ノート」さえ見ておけば絶対に引っかからなかったケースでもあります。

TITANFX 評判 (タイタンFX)

2016/06/28 8:06 に 海外FX 調査隊 が投稿   [ 2017/05/24 14:16 に更新しました ]

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • TITANFX(タイタンFX)の評判:TITANFX(タイタンFX)は2015年に突如現れたブローカーです。国のイメージとは対照的に犯罪者にとって金融規制の甘いニュージーランドを拠点としており金融ライセンスは保持していません。ニュージーランド証券投資委員会に登録と書いてありますがニュージーランドはFSPという法人形態でニュージーランド証券投資委員会に簡単にだれでも登録ができますが、これ自体は金融ライセンスではありません。実質的にニュージーランド証券投資委員会の監視下には無いですが「ニュージーランド証券投資委員会登録」とうたえます。素人が見るとあたかも金融ライセンスを持っているように勘違いできる仕組みになっており、トラブルが発生してもニュージーランド証券投資委員会は一切関知しません。つまり、無登録業者とまったく同じなのです。ニュージーランド証券投資委員会に登録させることにより、ニュージーランド国内での営業活動をさせないように規制しているだけでニュージーランド以外なら関係ないからなにしても構わないという規制なのです。これが世界中の投資詐欺師たちに大うけで、一時期は膨大な法人が設立されましたが、さすがに若干、設立条件が増えて現地に1人スタッフを置かないと作れなくなりました。逆いうと、1人いればいまだに同じことができてしまいます。TITANFX(タイタンFX)を金融機関だと思っているなら大きな間違いTITANFX(タイタンFX)は分別保管の義務も無いただの一般法人と同様なのです。最近では同じ仕組みのミルトンマーケッツのオーナーが詐欺で逮捕されている。

    TITANFXってどう?も参照ください。

High Trade FX ( ハイトレードFX )

2016/03/09 10:54 に 海外FX 調査隊 が投稿   [ 2016/03/09 11:05 に更新しました ]

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • High Trade FX( ハイトレードFX )の評判:High Trade FX  (ハイトレードFX )のサーバーはさくらサーバー(日本)であり、WEBサイトも現在、日本語のみ。High Trade FXの宣伝をしているのはFX江之介とその一派のみ。金融ライセンスも無くただのペーパーカンパニーである。既に被害の情報も届けられている。入金をしたが突如、ログインできなくなった。取引できなくなった。出金できなくなった等の悪質な内容ばかりである。なぜFX江之介だけが、High Trade FX  (ハイトレードFX )を勧めているのか?考えずとも理由は明白である。
Company Name 会社名 Pacific Investments Private Limited
Company Address
所在地 M. Bageecha Villa 20191 Chandhanee Magu Maafannu Male’ Maldives
http://www.bankofmaldives.com.mv/

AXIORY(アキシオリー)評判

2016/01/12 8:36 に 海外FX 調査隊 が投稿   [ 2017/01/19 9:37 に更新しました ]

  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • AXIORY(アキシオリー)の評判レビュー:AXIORY(アキシオリー)は比較的新しく作られた海外FX業者である。日本人顧客はベリーズ共和国管轄の法人と契約となる為、法的には顧客資金は保障されていない。キプロス管轄のライセンスを保有しているが、こちらでは日本居住者は受け入れていない模様。万が一、トラブルが発生した場合、日本居住者はベリーズのAXIORY(アキシオリー)との取引である事を予め理解しておくべきである。キプロス法人がベリーズ法人の責任を負う事は無い。ベリーズ共和国については昨今、ベリーズ銀行が海外取引を停止に追い込まれたり、債務不履行になったりとマイナス要因は多い。現在のところ特段のトラブル報告は無いが、日本居住者向けWEBサイトでは過剰な安全性の表現を用いている為、注意喚起しておきたい。またベリーズ金融庁は日本の金融庁の圧力に弱い為、長い期間は日本居住者向けのサービス提供はできないと思われる。この場合、制裁により銀行口座が凍結される事がある為、注意が必要である。過去にベリーズ籍のFX業者は同様の制裁を受けている。以下の関連記事も参照して欲しい。

2017年1月時点

出金トラブル発生。今後完全に出金できなくなる可能性があります。詳細はAXIORY 絶体絶命 をご覧下さい。


2016年6月時点

AXIORYに関する約定の不正報告が増加中。多くが異常なスリッページや約定拒否に関してである。取引で勝ち始めるとこの様な状況が発生したり大きく利食いをしようとすると発生するという報告がほとんどである。以下は被害者から送られてきた内容。このほかにも50件ほど被害届が来ている。

「AXIORY」に関してある方からのご相談です。

”昨年末あたりからaxioryを使っています(こちらはECNです) 最近クリックしてから約定まで1秒程度時間がかかるようになりおかしいなと感じていました。

今日、おかしな事が起こりました。いつものように成り行きでポジションを持ち(30枚)その後ストップを設定しようと思ったらストップの数字が入力できない状態になりました。結果、成り行きで損切りしました。動画は撮ってありアキシオリーには送ってみてもらっている所です。

その後、また別のポジションを持ち再度ストップを入れようとした所、添付画像の様になりました。その後成り行きで利食いしました。ECNなのにディーラーによって拒否されたというのはおかしいですよね。やはりあやしいのでしょうか?”

---------------------------------------------------------------------------------



AXIORY(アキシオリー)についてはさらにこちらでは公開できない情報を入手済み。詳細を知りたい場合は問合せ方法を確認の上、問合せ頂きたい。

関連記事

LANDFXの評判・評価 出金拒否の詐欺被害続出 SCAM

2015/11/06 23:31 に 海外FX 調査隊 が投稿   [ 2017/05/24 14:14 に更新しました ]




  • 「海外FX安全性」比較
  • 「海外FXサービス」比較
  • LANDFXの統括レビュー:2015年後半に最も出金拒否、利益の取消し操作の報告が多い海外FX業者である。LANDFXはAET(アメージングEAチーム)というEA配布サイトを軸に集客を行っている。ニュージーランドFSPのスキームを使い、無法状態の運営を行っている状況。当サイトの一部被害者は独自の運営者の情報を集め、法的処置以外の解決方法を行うという動きを行う事の情報を得ている。マーケティング力のある詐欺行為だけにそのブランディング効果に騙される被害者も後を絶たない。当サイトでもLANDFX被害についてサイト掲載以外の手段を用いて被害の食い止めを図る予定である。

FOX FOREX 詐欺の可能性有

2015/10/30 20:32 に 海外FX 調査隊 が投稿   [ 2015/12/17 17:12 に更新しました ]


  • 「海外FX安全性」比較
  • FOREX FOREXの統括レビュー:FOREX FOREXはひと昔前に流行ったセーシェル法人の無免許・ペーパーカンパニーとリディアリッチという悪名高い詐欺専用の企業を使った仕組みです。http://foxforex-jp.comのドメイン自体もムームードメインを使うなど日本人が日本で運営しているサイトです。運営コストも数百円程度のレベルの水準なようです。取引システムのTFTraderもリディアリッチと共に良く使われる詐欺集団のツールです。これは導入費が安い為です。TFTraderをまともなFXブローカーが居れているケースはありません。MAM・PAMMなどの運用でFOR FOREXを指定される事があったらほぼ間違いなく詐欺であるとお考え頂いて申し分ない程の条件がそろっています。もちろん、FOX FOREX自体、FXブローカーではありませんので分別保管もありません。そもそも返金されることのない資金ですから分別保管だとは言い張るでしょうが。金融ライセンスも無いペーパーカンパニに預けた時点で何を訴えても無駄ですので、既に投資してしまった場合は、紹介者に責任を追及して下さい。訴えようが警察に言おうが返って来ません。紹介者や運用者に追及するのみが唯一、返金の方法です。

FOR FOREX億トレーダー養成講座を強い関連性が有り

恐らくFOX FOREXと億トレーダー養成講座は同じグループでしょう。FOX FOREXにて集客が出来ない為、最初からフロントの集客用サイトを作成していたと思われます。
億トレーダー養成講座をみると直接指導のページでコピートレードにへの誘導を促しています。お金が欲しいわけでは無いと書いておきながら一生懸命、アクセスアップを図り、コピートレードへど誘導。。
しかも、その誘導先がどう考えても詐欺集団としか思えないFOX FOREX。恐らく、私の人脈でこの辺の連中は直ぐに見つける事は可能でしょうが高級外車や高級時計やキャバクラの散財にあなたの大事な資金が散財される前に入金しない事をお勧めします。

Street address : Global Gateway 8,Rue de La PerLe, Providence, Mahe, Seychelles.



OloFXの評判・評価 詐欺行為

2015/10/12 23:02 に 海外FX 調査隊 が投稿   [ 2015/12/20 18:21 に更新しました ]

  • 「海外FX安全性」比較
  • OloFXの統括レビューOloFXはBELFX LIMITEDが運営するFX会社のブランド名です。ベリーズ金融庁に登録( IFSC/60/260/TS/13))されるFX会社ですがOloFXは海外の大手評価サイトでは詐欺的な行為が報告されています。OloFXは取引によって獲得した利益を勝手に消すなどの行為を行っています。サービス上のメリットも特に無く評判も悪いためOloFXを利用するのは控えた方が良いと考えられます。

1-10 of 63

Comments